広島で結婚指輪を探している方は刻印や石などを指定してオーダーメイドできる【ルテ ジュエリー】~結婚指輪の意味やルーツ~

Pocket

広島で結婚指輪をオーダーメイドするなら

広島で結婚指輪をオーダーメイドするなら

広島結婚指輪を購入しようとお考えでしたら、オーダーメイドが可能な【ルテ ジュエリー】へお申し付けください。広島・袋町にある小さな工房で、ひとつずつ大切に指輪をお作りしています。

国家資格を持つ技術者が細かなご要望にも対応いたしますので、どうぞ安心してお任せください。指輪のフォルムから着け心地、耐久性までしっかり考慮した上で、お好みのデザインに仕上がるよう尽力いたします。

結婚指輪が持つ意味と贈り合うようになったルーツ

結婚指輪が持つ意味と贈り合うようになったルーツ

現在、指輪交換は夫婦として共に歩んでいくおふたりの誓いを意味しています。丸い結婚指輪は永遠の愛を表し、夫婦の愛が永久に続くようにとの祈りが込められているのです。

ところで、結婚指輪を贈り合う風習はいつ頃から始まったのかご存知でしょうか。そのルーツには諸説ありますが、古代ローマ時代の9世紀に始まった説が今のところ有力です。

当時のローマ教皇ニコラウス1世が、力の象徴となっていた鉄の輪を結婚の誓いとして用いたことが結婚指輪のルーツだと言われています。この頃はまだ「結婚=契約」という意味合いが強かったのかもしれません。

その後、金が貴族を中心に普及するようになると、鉄の指輪を花婿に、金の指輪を花嫁に贈り合う風習が広まりました。左手の薬指に指輪をはめる習慣は11世紀頃になってから始まったと考えられています。13世紀頃には結婚指輪を贈り合う風習がヨーロッパ各地に広がり、日本では戦後の西洋文化ブームと共に広がっていきました。

結婚指輪を広島でお探しの方は…刻印や石などの指定ができる【ルテ ジュエリー】へ

結婚指輪を広島で購入しようと思いましたら、オーダーメイドで刻印や石などの指定ができる【ルテ ジュエリー】へお越しください。おふたりの接客から指輪製作、引き渡しまですべて製作者が担当するため、ご要望を組み込みやすいのが特徴です。

仕上がった結婚指輪のクリーニングやサイズ直しなどのアフターケアもお任せください。デザインによってはサイズ直しが難しいこともありますが、その場合は事前にお知らせいたします。

お役立ちコラム

広島で結婚指輪の購入をお考えなら【ルテ ジュエリー】

社名 有限会社中尾商店
本社所在地 〒730-0036 広島県広島市中区袋町7-18
TEL 082-258-1073
URL http://www.rute-jewelry.com/